日々の徒然
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある程度の年齢まで達した場合に、目下の人間が思うように動かないと面白くないという心持ちはなんとなく理解はできるが、自分が普段そうしていないのに、他人に対してそういうことを求めるのは如何なものかと思ってしまう。ビジネスはgive and takeだと思うし、上司と部下という日本的な理不尽な関係はまあ、受け入れる覚悟はあるが、上司と部下という関係でもないので、予め通知してもらっていない「無茶ぶり」に律儀に答える必要は全然ないと思っているのだが、これは間違ったことだろうか。
FC2 Management
急に涼しくなりましたね。九州や出雲のほうで大雨が降りだした頃からでしょうか。
いい加減、8月も終わるわけだし、涼しくなるのは自明といえばそうなんですけど。

相変わらず世の中は巧くいかないな、と思います。そもそもとして自分が何をしたいのかよくわかっていないという不条理のような現実が目の前にあるわけなんですけど。
各地で40度を超えるところが多いそうで。暑いですねえ…

数年前の節電モードは何処かへいってしまい、あちこちで冷房を使い始めて電気消費量も半端ないと聞く。本当にこの国は忘れやすい人々が多いと思う。信念がないというか…
なんだかんだで、6月も終わってしまう。
wowowは、時々面白い映画がやっているので、もう少し継続して契約しておこうかな、という感じ。ニュースルームのseason2は1年後くらいなんでしょうが。

今は、wimaxの解約。2年経過したし、一度乗り換えて、月単価を落とすべきかどうか。特典でkindleを取得しようか、という感じ。
なんだか、最近、手の震えとか、異様な発汗とかがぶり返してしまって、すこぶる体調が悪くて困る。
結局やっぱりこの病気に完治はないんだろうな、と改めて思う次第。
人生を決定付けるのは愛された経験ではないかと思う。

愛情をかけられた経験がなければ人を疑い、哀しい方向へ人を向けさせる。人を疑い。信じないから物事は哀しい方向へ向かっていく。お互いを疑い、信じないから。
あらぬ方向へデスマーチが進んで、なんだかわからないうちに1月は終わり、2月も終わろうとしている。

自分が何をしたいのか、いまいちよくわからなくなってきた。

残業代とか、実質給料とか、根本的な部分でエンジニアとしての不満はあれど、身体のそこかしこに不調を抱える身では、これが分相応かとも思う。
先日、某社の中途セミナーに行ったのだが、皆、微妙に輝いているように見えて、実はそうでもないような気がしている。結果的に毛嫌いしてきたベンチャー的な生き方もひょっとしたら良いのかもしれない、と思いつつ3月になる。
新しい年が始まりました。結局、僕は家族ともコミュニケーションが取れないのだ、という一抹の寂しさを確認する作業を行なって、今年も始動、OSリブート。

なんだかなー。と思う。当たり前の家族の幸せ、当たり前の幸。何でそんなものがないんだろうか。僕の人生は。
そろそろミッションの一つであるwindows8におけるアプリ改編というのを何か方向性を決めないといけないと思うのだけど、なんとも方向性が見えないんですよね。UIとか、UXあたりを重視して、観念的な部分で方向性を転換するのか。従来のやり方を受け継いでいくのか。
リクルートのtwincueを試していたのですが。激しく微妙な感じ。自分のプロフィールというか、スペックがそんなに「いけてる」とは微塵も思いませんが、足あと機能にすらレスポンスがないのであれば、そこまで金銭をかける価値があるサービスなのか、というとどうにも微妙に思えてしまう。
手の届かない場所へ行ってしまって、初めて、ああ、この人が好きだったんだな、って思うことは往々にしてある。一度や二度じゃない。だけど、それ以上、追いかけたいとは特に思わない。

多分、根底に、本当の根本の根っこの所により好きな人の存在があって、彼女は「まだ」手の届く存在だと思っているから。

いい加減、自分自身を変えていかないと何も幸せは掴むことは出来ないというのは十分承知な上で。
去年と同じで、そろそろ暑さが辛くなってきた。部屋が異常に暑く感じてしまう。外は涼しいのに。と考えるとやっぱり自律神経の調整がうまくいっていないわけだし、やっぱり病気は治っていないわけだ。
ゴールデンウィーク初日。先週行くのを忘れていたメンタルクリニックへ。

疲れきっているんですよね、最近。そのくせ、朝はばちっと目が覚める。そのまま仕事へ行き、疲れきって帰ってくる。5日間その繰り返し。職場の評価はさておいても、身体にも精神にも良くないのは十分に承知。
疲れました。

気遣いって何でしょうね。自身が色々と気遣いをしても、それが見える感じで返ってきた試し、経験がありません。気遣いをしなさい、と躾られはしたけれど、人に気遣いしてもらった覚えがない。時々気遣いをすることをしなければ、気遣いをしろや、とネチネチ言われる。何、この不条理。

気遣いも出来ない奴が気遣いしろ、とか言うなよ。
閏年の東京は大雪が降りました。

今年、雪は何回か降っていますが、朝、出勤時間にあれほど積もるのは数年ぶりではないでしょうか。東京の交通網はそれ自体の脆弱性もあり強風、台風、そして大雪で止まりやすいのは事実ではありますが、今日はそんなに遅れなかったような。

むしろ、通勤途中で通る都内の住宅地がそれほど除雪されていないことのほうが気にかかる。雪かきの習慣がないとはいえ、寂しい社会になっているんだろうな、と。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。